カーシェアリング

2009/12/04

カーシェアリングとリース車

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 01:25

カーシェアリングと個人のレンタカーの違いです。

リースは新車を2年から5年の使用期間や予想走行距離を設定し、その期間の車をリースすることです。

これを利用すると、分割ローンで新車を購入するよりも経済的に車を所有することができるでしょう。

リースは2年から5年後に返すと、残存価値というものが発生します。売却に言えば取引価格です。
・事前に販売価格の残存価値を差し引いた価格を設定する。
・最後に、残存価値が予定から抜け出しあれば返却時に精算することができる。

賃貸中に発生する費用はすべてリースに含まれています。
だから急に他の費用が発生することがない。
手数料は手続き費用と税金、保険、維持費が含まれています。

リースは、カーシェアリングやレンタカーとは全く別のものと考えますが、比較に紹介してみました。

そして、カーシェアリング、レンタカーとの大きな違いは、自分の駐車場の確保が必要なことですね。

しかし、カーシェアリングやレンタカーに満足できない場合はリースも考慮する必要があるのではないでしょうか。
とにかく経済的であることは同じようです。
介護 アルバイト

広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。