カーシェアリング

2009/12/04

カーシェアリングと環境破壊

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 01:31

自動車の環境破壊は車両数が増えるとは、走行時に発生する排気ガスが地球環境に悪い影響を及ぼしているのです。

自動車が走る排気ガスが発生して大気汚染されます。

家庭から排出される二酸化炭素の1/3は自動車から排出されることが知られているようです。
自動車を生産している場合も二酸化炭素が発生しています。
また、生産時だけでなく、廃車時にも問題となっています。

日本は年間中古車輸入された約100万台です。
約400万台の自動車が廃車されています。
自動車のリサイクル法の施行により、完全にスクラップされる前に、可能な限り多くのリサイクルにはなってきました。
それでも結局スクラップされます。

毎年新車登録車両は約600万台です。だから毎年約100万台の自動車が増加しております。

二酸化炭素の排出削減のための技術を向上し、これだけの自動車台数が増加しており、温室効果化ガスの削減がされません。

使用していない車のためにお金を使用するよりも快適になる何かが必要です。
介護 バイト

広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。