カーシェアリング

2010/06/25

加入に必要なもの(カーシェアリング)

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 02:28

カーシェアリングに加入資格、お申し込み時に準備する必要がありますが、一般的な例です。
運営団体により、さまざまな追加の情報を確認してください。

入会資格
・普通免許を持つ本人に代わって申請することができません。
・免許取得1年以上経過した後の方で過去1年間事故の記録がないことが条件です。
・免許証のほかに、条件が存在する組織です。
(more…)

広告

車社会の制限

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 02:24

3月末に全国で登録されている自動車の数は900万台です。
73%が自家用車の項目で構成されています。
国民の2人に1人が自家用車を所有していると試算されております。
自動車離れにある最近ある増加傾向と思います。
1世帯2台以上の車を所有しているところも少なくありませんが、すべての自動車が十分に使用されているとは思えません。
(more…)

2009/12/23

料金について

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 03:19

税金、保険料、燃料費、整備費は上記の3つの費用に含まれているので、もはやコストがかからないというのが一般的カーシェアリングです。

料金も1回の使用ごとに管理センターに通報されて使用した時間と距離で価格を算出してくるのが一般的です。

カーシェアリングは車のように車種などに応じて価格が変動することはできません。
時間と距離での価格設定されます。
ただし、カーシェアリングで提供される車両は、軽自動車や小型車が多いです。
大型レンタカー会社が運営しているカーシェアリングは、車種の選択も可能なところもあるようです。
(more…)

カーシェアリングの将来性

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 03:14

技術的な新しい試み
インターネット、PC、携帯電話でのご予約とキャンセルなどの作業を簡単にすることができます。
・ICカードを使用すると便利です。
・テレマティクス技術を使用して、リアルタイムの情報を把握できるようになっています。

社会環境の変化
・不況による経済的負担に自家用車の所有を検討
・企業などの会社車両もコスト削減の対象となっています。
(more…)

2009/12/04

カーシェアリングと環境破壊

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 01:31

自動車の環境破壊は車両数が増えるとは、走行時に発生する排気ガスが地球環境に悪い影響を及ぼしているのです。

自動車が走る排気ガスが発生して大気汚染されます。

家庭から排出される二酸化炭素の1/3は自動車から排出されることが知られているようです。
自動車を生産している場合も二酸化炭素が発生しています。
また、生産時だけでなく、廃車時にも問題となっています。
(more…)

カーシェアリングのデメリット

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 01:29

カーシェアリングにまだ若干の問題が残っており、短所もあります。

元々共有する感覚は日本人にはありません。
日本人は物質に対して所有意識が高いので、物を大事にします。
そして車に関して言えば、会社は個人的なスペースである意識があります。
そんな個人的なスペースを共有するという考えは、生理的にに毛嫌いする傾向にあります。
(more…)

カーシェアリングとリース車

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 01:25

カーシェアリングと個人のレンタカーの違いです。

リースは新車を2年から5年の使用期間や予想走行距離を設定し、その期間の車をリースすることです。

これを利用すると、分割ローンで新車を購入するよりも経済的に車を所有することができるでしょう。

リースは2年から5年後に返すと、残存価値というものが発生します。売却に言えば取引価格です。
・事前に販売価格の残存価値を差し引いた価格を設定する。
・最後に、残存価値が予定から抜け出しあれば返却時に精算することができる。
(more…)

カーシェアリングとレンタカーの違い

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 01:23

貸出・返却の場所カーシェアリングの貸出や返却場所は繁華街などで会員が利用しやすい設定になっています。返却に時間がかかりません。

違いは?レンタカーで車を借りられるのならばレンタカーで良いのではないか?そんな疑問を考えレンタカーの違いをあげてみます。貸出と返却レンタカーは営業所が用意されています。

マイカーを所有していな人が車を利用するためにはレンタカーしか手段はありませんでした。レンタカーは登録しますが会費が発生するような会員制ではありません。

スーパー バイト

カーシェアリングの仕組み

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 01:14

カーシェアリングの利用を考えている人は、車を管理している団体にて会員になりましょう。
会員になると希望の時間に予約をして車を利用することができます。

カーシェアリングは、日常生活の中で急速に使用したい人のために想定してサービスを開始します。
10分~30分程度の短い時間単位で管理しています。

ご利用方法
会員は、インターネットを利用して予約と決済が行われています。
車は共有された場所にて無人で管理されています。
利用は事前にパソコン、携帯電話から予約しています。
車は本人確認をしてから使用しますが、使い終わったら、所定の位置に移動します。

支払いは把握されていますので、後でクレジットカードなどで支払います。

ガソリン、機器調達は、利用者が行いますが、利用者が代金を支払う必要はありません。
専用のクレジットカードにて業者が一緒に支払います。

このような流れでカーシェアリングを使用できます。
非常に簡単円滑な流れだと思いますよ。
看護 バイト

2009/11/12

カーシェアリングについて

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 05:00

カーシェアリングは、複数の人が1台の車を使用するため、固定費を分散します。

しかし、半日や一日の利用はレンタカーがお得です。一般家庭での車の価格が高すぎる場合は、維持費も増加します。
カーシェアリングの歴史は、ヨーロッパだが、日本では半日や一日のような単位で使用するよりも短い時間の使用を目的としています。カーシェアリングとレンタカーの違いは、利用時間の単位にあります。

短じかい時間の使用であれば、カーシェアリングは非常に安くすみます。
レンタカーは最低6時間の利用が、カーシェアリングなら15分単位で利用できる場合もあります。
(more…)

カーシェアリングのメリット

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 04:30

日本でもガソリン高によるマイカーの維持負担が大きいと検討した人が多かったのが発端です。
物価上昇やガソリン価格の上昇の影響を受けているため、人々のマイカー離れも進んでいます。まだ情報は大幅ありませんが、商店街、自治体、マンション管理組合などでもサービスを開始しています。

そのような費用を存分に減らすために自家用車をあきらめています。そんな頃注目されるが、カーシェアリングされます。

自家用車とカーシェアリングを比較してどのくらいの差が生じて有益なのでしょうか?
また、カーシェアリングの利点はあるのでしょうか?車両の増加に伴い交通渋滞と駐車場不足などの問題があったことが背景にあります。
(more…)

カーシェアリングの問題

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 04:00

便利なカーシェアリング。しかし、マイカーと同じように使用できるということもないんです。

利用場所がまだ少ない。
最近話題になっているが、全国的に見ても使用できる場所が制限されています。
実際の車に乗るまでに時間がかかることがあれば、手軽に乗るにはありません。

マンションなどでは、カーシェアリングの利用が増加しているので、今後はそのようなアパートなど業者が提供する事例が多くなることはないでしょうか。

マイカーではないので、ペットと一緒に乗ることができず、社内禁煙たりする場合があります。
(more…)

カーシェアリングの必要性

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 03:30

日本の自動車は増加の一途をたどっています。
ある調査では、日本全国の自動車保有台数はなんと7800万台にのぼります。
その中でも、自家用車は5500万台です。
また、北陸、北関東、長野、岐阜は一世代の中で車が2つ以上であることです。

増える自動車は交通事故や交通違反の原因となっています。
(more…)

カーシェアリングの効果

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 02:30

カーシェアリングの効果が気になる部分です。
カーシェアリングとは一台の車を数十人で共有しています。

カーシェアリングを利用する人が増えると、自動車の数は、必然的に減少します。

また、どうしても自家用車を使用する場合にもコスト削減の道があります。
低燃費のエコカーや電気自動車があります。
二酸化炭素の排出を削減することです。
(more…)

カーシェアリングの普及

Filed under: カーシェアリング — car777 @ 01:30

カーシェアリングの普及にあたっては多様な背景を持っています。
日本には法律の制約でなかなか実現せず、かなり遅れて1999年に経済産業省が実証実験で始めました。

時代とともに需要が拡大して環境対策や技術の発達で、2005年4月に国土交通省の通知により、特区認定を受けることができる地域で無人レンタルのためにステーションが可能です。

2006年7月からは規制が緩やかになって特区の申請がなくても、自動管理によって、有償カーシェアリング事業をすることができました。
(more…)

WordPress.com Blog.